治療院のオープンの準備

施術

計画が重要

近年、整体院や接骨院などの治療院を開業する人が増えており、柔道整復師の資格を持ち、病院のリハビリテーションで務めていた経緯を持つ人が多いです。病院では待ち時間が長く、その割に施術時間は短いです。リハビリテーションで柔道整復師による施術は接骨院で行われる施術と同様で、慢性的な足腰の痛みを持つ高齢者であれば、治療院で施術を受けることの方がメリットが高い場合もあります。病院では医師の診断後、適切な指示の下、リハビリを行うのが一般的です。柔道整復師は医師の指導のもと患者の幹部を理解し、治療や緩和のためのリハビリ等を行います。治療院を独立開業するためには、地域医療との連携が必要で、とくに保険治療を行う場合、いい気医療に携わるクリニックなどとの連携を図る必要があります。柔道整復師として働いていた医療機関には開業の意思を伝え、円満退社する必要があります。トラブルを起こして退社した場合、同じ地域での開業は上手くいかないことがあります。柔道整復師は医師ではないため、的確な診断を仰ぐために医師との連携が必要です。また、開業のためには資金も必要で、資金を融資に頼る場合、返済や事業計画を正しく建てることが重要です。開業後、事業が軌道に乗るためには収支のバランスを図ることが重要となります。計画通りに事業が運ばないことも想定して、返済可能な融資でなくてはいけません。治療院の開業後5年残存率は30%と言われており、増え続ける開業の継続をすることがいかに難しいかが分かります。