商才があるかどうか

グラフ

消費者側の視点に立とう

コンビニを筆頭に、最近はフランチャイズ化するお店や会社が増えてきています。そして、成功しているところも増えているのです。ただし、フランチャイズ化するといっても必ずしも成功するわけではなく、このような業務展開に向いていない人も居ます。どのような人が向いているのかというと、消費者視点に立てる人です。コンビニをフランチャイズ化する場合、どこに立地するのかによって儲けも出るか分かりません。ここにコンビニがあると便利だと思う消費者がたくさん居れば、自然と成功することになるでしょう。それに商品の品揃えなども消費者目線に立てば、欲しい商品などが分かってきます。需要のある物を仕入れないことには誰もお店にやって来てくれません。このように消費者の気持ちが分かる人であり、商才のある人がフランチャイズを成功させることができるのです。それから、フランチャイズの場合、一つの店舗を任せてもらえるというだけで経営者とは違います。もし、売上が伸びないようなら店長をクビになったり、そのお店を閉店させられたりといったことにもなってしまうのです。そのため、本来の経営者からの指示もきちんと受けられるような人ではないと務まりません。自分勝手に経営するわけにはいかないことから、上からも信頼され、従業員たちからも信頼されるような人が望まれます。そして、客商売となることが多いため、接客対応の良い人が好まれることでしょう。これらの条件が揃っている人はチャレンジしてみると成功するかもしれません。